最近の投稿もぜひ!

音楽力

あなたはどのタイプ?作曲する時の様々なパターンをご紹介

投稿日:

compose-sense

作曲のセンス

みなさんは作曲のご経験がありますか?

「一回やってみたけどしっくりこないものができた・・・」

経験はあっても「自分にはセンスがないな」と感じてしまった人も多いのではないでしょうか。

というのも、作曲のセンスなんてそうそう簡単に養われるものではありませんし、生まれてすぐに名曲が作れるのなら天が与えた才能だと思います。

だからそう思ってしまってもある意味仕方ないのです。

逆に言えば、練習や経験を積んでいくことでセンスは磨いていくことができます。

 

似たような言葉で編曲というものもありますね。

「作曲」と「編曲」音は似ていますが、定義はずいぶんと違うものなんです。

まずはこの作曲と編曲について解説してみたいと思います。

「作曲」と「編曲」

作曲とは

作曲というのはメロディーを付けることです。

例えば歌詞を自分で書いて、鼻歌でメロディーラインを作成したら「作詞作曲」したことになりますね。(あまりにもしっくりこなければ第三者に修正されてしまうかもしれませんが・・・

 

 

編曲とは

それに対して編曲は伴奏を作成することです。

ストリングスや管楽器、ドラムのフィルなど、楽曲をどのように聞かせるかを構成します。

他に「アレンジ」なんて呼ばれたりもしますが、基本的には「編曲」と同じ意味で使われます。

 

ちなみに作詞・作曲者には印税が発生するのに対し、編曲さんは出来高制なことが多いんです。(能力は必要なのに厳しい世界です。。

 

話を作曲に戻しまして、作曲の才能を養うにはどうすれば良いのでしょうか?

基本的には2つの練習を繰り返すことで訓練していきましょう。

作曲センスを磨く訓練

とにかく作ってみる

知識としてため込むだけでは成長しません。

必ず学んだら力試し!実際に作ってみることが大切です。

作った曲が多いほどセンスは磨かれてバリエーションも増えてくるはずです。

その証拠に、一番最初に作った曲を聴いてみてください。

(もう恥ずかしくて、前を向いてお外を歩けません・・・笑

知らない曲を分析してみる

ただ作るだけではなくて、新しい曲を聴いてみましょう!

別に自分の好きなアーティストでも、流行の曲でもかまいません。

 

その際に、しっかりとメロディラインを聴いてみてください。

「自分だったらこう作ったな」

「こんな持っていきかたもあるんだな」

というふうに分析することが大切です。

 

曲を作る時に人によってやり方やスタイルが違うそうです。

どのような方法があるのでしょうか?

作曲するスタイル

メロディが先(曲先)

きょくせん というやつですね。

先にメロディを思い浮かべたり、楽器を使って先に作っておきます。

そのメロディを聴いてどんな歌詞かを作っていくやり方です。

先にメロディがある分、語感が綺麗にハマる曲ができやすいと思います。

歌詞が先(詩先)

しせん と呼ばれるやつです。

曲先と同じくらい主流な作り方で、先に歌詞を用意してあとからメロディを作っていきます。

一番と二番でメロディラインやフェイクが違う、ある意味変則的な曲も作りやすいです。

ドラムが先

リズムが先という人もなかにはいらっしゃるそうです。

フィルなどを聴きながら、盛り上がりをイメージしつつ歌詞やメロディーを作っていきます。

これはかなり特殊なケースかもしれません。

メトロノームの規則的な音を聞いてメロディを考えるという人もいましたね・・・

人間の脳は面白いです!

ベースが先

こちらもちょっと特殊ですが、先にベースの刻みやベースラインを作ることで作り上げるそうです。

僕はギターに触ることが多いので、まだこれなら想像できるかなと思います。

どの方法を練習したら良いの?

一般的には1つめと2つめの「曲先」「詩先」が中心になると思います。

どちらかではなくて、どちらでも作曲できるように訓練しておくことで、幅の広い応用の利く技術になると思います。

形に捕らわれないという意味で、どちらも適度に経験しておくことをオススメします!

まとめ

作曲のセンス、「作詞」と「作曲」、センスを磨く訓練、作曲するスタイルなどについてご紹介してみました。

作曲の方法と一言で言っても、さまざまな方法があることが分かりましたね!

それだけ音楽を作り上げていくには、無限の可能性があるということだと思います。

 

頑張る皆さまを応援しています!

最後までお読みいただきありがとうございました。

  • この記事を書いた人
皆見勇斗-MinamiHayato-

皆見勇斗-MinamiHayato-

音楽について”いいな”と思った機材や情報を発信するブログです! ぜひTwitterも併せてフォローよろしくお願いします!

-音楽力

Copyright© 皆見勇斗の幸せ音楽校 , 2019 All Rights Reserved.