最近の投稿もぜひ!

DTM

DTMerさんは腰痛に気をつけてね!デスクや椅子はいいものを

更新日:

dtm-deskwork

DTMも楽じゃない!?

「こんにちは!DTMやってますか~。笑」

 

DTMやり始めてから異性にモテました!

身長が10cm伸びました!

100万円拾いましたー!

 

そんな夢のようなことが起これば何時間でもかじりついて没頭したいものです・・・笑

現実を見ればまだまだ勉強しないといけないことも多いし、DAWを使いこなしたとしてもすぐに良い曲が作れるかといえばそうではありません。

 

でも安心してください!

パソコンと向き合った時間が長いほどあなたは才能が磨かれているはずです。

僕は何事においてもムダはないと信じるタイプです。

一見関係ないジャンルの経験でも必ず結びつけることができます。

何事も臆せずいろいろなことにチャレンジしてみることが、自分の成長に繋がる近道なのではないかと思います。

 

今日はDTMに限らず、ずっとパソコンに向かっている方に向けての記事になります。

同じ体勢で作業していると、知らず知らずのうちに体にかなり負担がかかります。

「最初はぜんぜん問題なかったのに、日に日にツラくなってきた」

DTMなどをやっている人からよく聞きます(汗

 

DTMerにとっての一番の敵は、腰痛や眼精疲労、つまり”自分自身”なのかもしれません。笑

 

今回は、それらを軽減するため僕も実践していることなどをご紹介してみたいと思います。

腰痛対策

多くの事務作業やDTMをするクリエイターを悩ませる腰痛、しまいにはただ座っているのもキツく感じるほど恐ろしい脅威です。

なので椅子にはちゃんとこだわったほうが良いです・・・本当に。

人間工学(エルゴノミクス?)に駆使した椅子や、座っていて気持ちが良い自分に合った椅子を使いましょう。

 

地べたに座るタイプでしたらしっかりしたクッションや、背もたれがある座椅子? に座ると疲れもだいぶ違いますよ。

僕はいつもこれを使っています。

本来なら多分椅子の上に置くものだと思うのですが、クッションの上に置いて座っています。

骨盤が矯正されてまっすぐ立つので、作業が終わったあとの違和感が違うので「やっぱり効果あるんだなあ」と感じますね。

肩こり対策

肩こりも腰痛と同じくらい痛みを訴える人が多いですね。

手軽にできる方法でいえば、ありきたりで申し訳ないのですが・・・汗

1時間に1回のペースで遠くに目線を映して、肩甲骨周りをほぐすことが有効だそうです。

「両手を上にあげて、両手を後ろに引いてー」とたまに動かしてみましょう。

僕がよくお世話になるかかりつけの整骨院さんでいただいたアドバイスですので、確かなものです!笑

 

その他に浴槽につかるということも、肩周りの緊張がほぐれて楽になりました。

なかなか時間がないとシャワーだけで済ます機会が増えちゃうと思いますが、たまに入ってあげるとリフレッシュして良いです。

 

なにかグッズに頼ると考えたら、これをオススメしたいですね。

みなさんは「めぐりズム ほっとアイマスク」ってご存じですか?

レンジで温めて目元の疲れを落としてくれる優れものですが、それの肩バージョンが実はあるんです。

一度購入してしまえば250回もの使用ができますので、大変コスパがいいですね。

ひどい肩こりで頭痛がする時など、これで温めつつ横になっていればだいぶ痛みも和らぎます。

頭痛薬があればバッチリ解決です!

眼精疲労

パソコンを使ってお仕事をする人なら永遠の課題ですよね。

知らず知らずのうちに視力が下がっていたり、ドライアイになったり・・・

 

目の疲れは蓄積することで全身のトラブルに繋がります。

肩こりや腰痛も、目の疲れが原因である場合もあります。

 

パソコンやスマホから出るブルーライトが目にダメージを与えますが、テレビやモニターによってはそれらを軽減したりもできます。

モニターの上から貼るシートタイプもあるので、活用したいですね!

 

あとは定期的に目薬を点したり、遠くを見て休ませることを心がけましょう。

まとめ

今回はDTMや事務作業が多い人に気をつけていただきたいポイントと、対策についてまとめさせていただきました。

つらさを感じながら作業をするのと快適に作業をするのとでは、作業効率もずいぶん変わってきます。

この記事を通して、みなさまが快適にDTMや事務作業をこなせますように。

いつもお読みいただきありがとうございます!

ほかの記事もぜひご覧ください。

  • この記事を書いた人
皆見勇斗-MinamiHayato-

皆見勇斗-MinamiHayato-

音楽について”いいな”と思った機材や情報を発信するブログです! ぜひTwitterも併せてフォローよろしくお願いします!

-DTM

Copyright© 皆見勇斗の幸せ音楽校 , 2019 All Rights Reserved.