最近の投稿もぜひ!

音楽力

歌が早く上達したいなら、まずは一つだけ!表現力の上がる練習法

更新日:

sky-sea

歌唱力はある意味無限

ありがたいことに、早くも「歌に関する内容も教えて!」というリクエストをいただきました!

というわけで、今回は歌唱に関することをお伝えしたいと思います。

一言で歌といっても奥深いものです。

  • 表現力
  • ピッチ(音程)
  • 発声
  • 呼吸法
  • 共鳴
  • リズム感
  • テクニック

さまざまな要素が重なって聞く人の耳に届きます。

このようなことを一つ一つ解説していくには、かなりの時間がかかってしまいます。

 

そこで今日は、最低限気をつけて欲しい一点だけ解説してみたいと思います。

ローカルな地域のアーティストが上手いわけ

北海道のアーティストといえばどんなアーティストが思い浮かびますか?

  • 吉田美和/DREAMS COME TRUE
  • 中島みゆき
  • 松山千春
  • 玉置浩二/安全地帯
  • 大黒摩季

歌手の中でも一流といわれる、抜群の歌唱力を持つシンガーが多くいらっしゃいます。

では南へ飛んで、沖縄のアーティストで考えるとどうでしょう?

  • BEGIN
  • GACKT
  • 安室奈美恵
  • 三浦大知
  • HY
  • 夏川りみ

沖縄民謡など独特な歌唱法も相まって、やはり歌唱力のあるアーティストが多いです。

彼らの共通点は?

彼らの共通点を挙げてみると、いくつかのポイントが見えてきます。

  • 民謡などが残り、小さいときから音楽に触れている。
  • 美しい海や透き通る空、自然がとても綺麗。

このような地で生まれた、アーティストのみなさんは声量があります。

声量が一番大事

もちろんすべての環境がとは言えませんが、民謡しかり広大な土地に生まれた人は、大きな声を出せる環境に恵まれている傾向があると思うんです。

民謡もPOPSよりも声楽に近い、響きを追求した歌唱法です。

声楽や民謡は生で聴いてみると、POPS歌唱との違いはお分かりになると思います。

 

そこでみなさんご自身を考えてみてください、電子機器に頼って歌っていませんか?

スマホに向かって歌えばボリュームも上げられるし、カラオケなら機械で音を上げればいい。

そういうふうに声量を必要としないシーンって結構多いんです。

これはとてももったいない話です。

 

とはいえ「そういう歌い方がダメだ!」というわけではありません。

国内外問わず「ウィスパーボイス」と呼ばれるような透明感を武器にしている歌手は多いです。

しかし生で聞いてみると繊細ながらも遠くまで響き、迫力があることに驚くはずです。

 

これは表現力という部分にも繋がってきます。

表現力と声量

「表現力」と一言に言ってもこれも奥が深いのですが、ざっくり言って強弱が付けられることだと思います。

曲中に感情の起伏があったりグルーブ感を変化させたり、そういった曲中での強弱です。

 

最初から最後まで変化がないと、メリハリがない退屈な曲になりがちです。

「ウィスパーボイス」も出るけど、「迫力のある声」も出る。

というのが理想の状態です。

 

大は小を兼ねますので、普段から大きい声で歌うことを練習しましょう!

そう・・・遠回しな文章になってしまいましたが、このことがお伝えしたいだけです!笑

どのように練習をすれば良いのか

まずはこのことを意識してみてください

5m先に届ける

声を向ける先はスマホやマイクではありません。

部屋の隅っこ、隣の家まで、遠くの人に届けるような意識を忘れないことが大切です。

「簡単じゃん!叫べば良いんだよ!」

というふうにはいきません。

できるだけ力を入れずに

「じゃあ大きい声でないよ!」

これが誤解を与えかねない難しい部分なのですが、大きな声というのは無理矢理がなる声ではありません。

「お腹から声だして~」とかよく聞きますが、お腹からは声なんて出ませんよ!笑

力任せな声ではすぐにバテてしまいますし、歌い手としての人生をガリガリ削ることになってしまいます。

 

そうではなくて、声帯で声が作られる時に「いかにして効率よく響かせるか、無駄なく音にできるか」という意識を持つことなんです。

我ながら大変分かりにくい表現なのですが、力んで叫ぶ感覚とは違います。

そこを取り違えて声帯を酷使するのだけはやめましょう。

むしろ逆!

脱力しながら練習をしていきましょうね。

まとめ

今日は歌に関してリクエストがありましたので、少しだけお話しさせていただきました。

この辺は人それぞれイメージするものが違いますので、歌う人によって解説する内容は違うかもしれません。

ただ、間違った方法を続けることだけは避けて、長く歌えるように正しく練習していただければと思います。

 

この記事を読んで、少しでもあなたの悩みが解決できたのならうれしいです。

今日も最後まで読んでいただきありがとうございます♪

  • この記事を書いた人
皆見勇斗-MinamiHayato-

皆見勇斗-MinamiHayato-

音楽について”いいな”と思った機材や情報を発信するブログです! ぜひTwitterも併せてフォローよろしくお願いします!

-音楽力

Copyright© 皆見勇斗の幸せ音楽校 , 2019 All Rights Reserved.