最近の投稿もぜひ!

音楽力

ようこそ初めまして!音楽のセンスを磨くコツを2つご紹介します。

投稿日:

welcome-sense

「幸せ音楽校」へようこそ

はじめまして、皆見勇斗-MinamiHayato-です。

このたびは当ブログ「皆見勇斗の幸せ音楽校」へご来校いただきありがとうございます!

 

普段僕が音楽を作ったり演奏する上で、素晴らしいものや情報に出会う機会はたくさんあります。

そこで、「この機材が良かった」「この情報が役に立ったよ!」そんなふうに感じたものをみなさまにもお届けできたらいいなという思いから立ち上げたのが始まりです。

みなさまが疑問に思ったことや心配事など、このブログにその答えが残せたらいいなという一心で更新していきたいと思っています。

 

音楽のセンスを鍛えるコツ

さて本日は挨拶代わりの投稿ですが、みなさんが音楽のセンス・音楽力を鍛えていく上で何が一番重要だと思いますか?

これの答えはたくさんあります。

  • とにかく楽器をたくさん触ること
  • 洋楽を聴きまくること
  • 新しい曲をひたすら覚えること
  • 好きな友達と徹底的に話し合うこと

音楽といってもいろいろな方法でいろいろな楽しみ方・感じ方ができるというところが楽しいところですよね。

もちろん上のどれを続けていくことでもセンスや能力を高めることはできます。

音を楽しむと書いて”音楽”ですから、心の思うままに触れるのが一番なんです。

 

しかし、音楽にもっと真剣に向き合いたい人にとっては、もっともっと音楽のセンスや音楽力が欲しいと思うことは少なくないと思うんです。

そこで僕が一番大切にすべきだなと感じたことをお伝えしたいと思います。

それが

いい音でよく音楽を聴く

やはり音楽の力を付けたいと考えたとき、一番大切にしたいのは

「音楽を聴くシーンを増やすこと」です。

 

通学中や、通勤中、朝も夜も触れていれば音楽のセンスは磨かれてゆくに違いありません。

僕なんか学生時代の授業中でさえも頭の中のピアノと遊んでいました。(ヤバい人です。笑

黒板のわけ分からない文字よりも、メロディが想像できる音の方が何倍も幸せな気分にさせたことを覚えています。(よい子は勉強しましょう・・・

 

話を戻しますが、音楽を聴く回数を増やしてあげることが一番大切です。

でもただ聞き流すだけじゃもったいない!

もっともっと音楽力を向上させる2つのポイントをご紹介します。

音をよく聴く

プロが音楽を作るとき、その楽曲にはさまざまなテクニックや魔法をふんだんに織り交ぜて作り上げます。

それは実は視聴者さんが直接聞き取れないような細かい部分かもしれません。

なんとなく楽曲を聞き流すのではなくて、「楽器一つ一つの音」だったり「ボーカルがどんなふうに発声してここで息を吸って・・・」というような細かい動きを聴こうとしてみるとさらに音楽が楽しめます。

「気付かなかったけどここでこの音が入ってるんだな」

「ここでしか使ってない楽器が入ってる!」

そういう些細な部分に気付けたとき、より楽曲が好きになるかもしれませんね。

できるだけいい音で聴く

僕の中ではこれが一番重要だなと感じる部分がこれです。

「できるだけいい音で聴く」ということ

いい音で聴くとなれば、いいイヤホンやいいヘッドホンが必要になります。

といってもそんなに高すぎれば良いというわけでもなくて、僕がオススメするのは2つのポイントで音の解像度(細かさ)そして視聴したときに感動する機材です。

 

「イヤホンなんて、全部同じ音が出るしどれも一緒でしょ?」と思っていたかたは、人生の半分損しているかもしれません!笑

そもそも安価なイヤホンでは再現できない音もあるのでぜひお試ししていただければと思います。

 

いい音で聴けるということは、それほど正しく情報量の多い音で音楽ができるということです。

これはただ聴くだけでなく、楽器を演奏するときや作詞作曲するときにも有効です。

 

このへんは人の感性によって差があったりするので難しいのですが、僕の場合は圧倒的に作詞作曲したり楽器の練習をするときの効率が違います。

最高級品を扱ってしたことはないのですが、それでも

作業効率
いまいちな音 頑張ってひねり出しながら作業
いい音 楽器の奏のまま、力を借りる感覚

うまく表現できず申し訳ないのですが、感動や達成感が全然違うことがあります。

 

自然と上質な音楽を楽しむことができるのが「いい音」、自分が感動できる音だと思います。

このブログではできればそんなにお金を掛けずにいい音が得られる機材、工夫などもご紹介していければいいなと考えています。

 

ご挨拶の記事にしてはずいぶん長々としてしまいましたが、みなさまが楽しく音楽に触れられるよう僕も記事を更新していきたいなと思っています。

著者・皆見勇斗もYoutubeや生放送、さまざまなことを発信していますので、ぜひTwitterも合わせてフォローよろしくお願いします!

  • この記事を書いた人
皆見勇斗-MinamiHayato-

皆見勇斗-MinamiHayato-

音楽について”いいな”と思った機材や情報を発信するブログです! ぜひTwitterも併せてフォローよろしくお願いします!

-音楽力

Copyright© 皆見勇斗の幸せ音楽校 , 2019 All Rights Reserved.