最近の投稿もぜひ!

機材

ホームシアターの世界|2.1ch、5.1ch、7.1chサラウンドの解説

home-theater

ホームシアターの世界

皆さんはご自宅の音響機器にこだわっていますか?

良いスピーカーを持っていれば、音楽や映画の鑑賞の際により感動を味わえます。

 

オーディオの世界ではスピーカーを2つ使うものから、10個以上もスピーカーを使うものもあります。

特に映画鑑賞においては、スピーカーの数が増えることで音の臨場感や迫力が大きく変わってきます。

 

今回の記事では3つ以上スピーカーを使う”ホームシアターの世界”を解説させていただきます。

ぜひ最後までご覧ください♪

ウーファー、サブウーファーについて

ウーファーはスピーカーの中でも低音域専用のスピーカーのことを指します。

 

スピーカーといえばこんな形がイメージできますが、上の小さいスピーカーが高音用で、下の大きいスピーカーが低音用というように分けてあったりします。

speaker

高音用がツイーター低音用をウーファーといいます。

このようにスピーカーに内蔵されているものをウーファーといい単体で低音用として使用するものサブウーファーといいます。

SubWoofer

 

チャンネルの数による名称

スピーカー1つに対し1ch(チャンネル)という数え方をします。

モノラル~ステレオ

1chだけの音をモノラル、スピーカーが2つあれば2chでステレオになります。

mono stereo

2chのステレオにサブウーファー(SW)を足すことにより2.1chに変わります。

2.2chであれば2chのステレオとSW2個の組み合わせになります。

2.1

 

サラウンド

2chを超えると前面だけでなく横や後ろにスピーカーを置く形になります。

スピーカーに囲まれている様子からサラウンドと呼びます。

5.1chは5つのスピーカーと1つのSWからなるシステムです。

5.1

スピーカーの構成は

  • フロントレフト(FL)
  • フロントライト(FR)
  • サラウンドレフト(SL)
  • サラウンドライト(SR)
  • センター(C)
  • サブウーファー(SW)

の6つです。

 

そこから背面に1つスピーカーを追加した6.1chというものもあります。

 

5.1chから更に2つのスピーカーを増やしたものが7.1chです。

7.1

5.1chの6つに加え

  • サラウンドバックレフト(SBL)
  • サラウンドバックライト(SBR)

の2つが追加されます。

 

多いものだと9chや11chなどもありますが、それを活かせるソース(動画や音楽などのメディア)が少ないことも課題の1つです。

最新のホームシアター

近年ではホームシアターも進化し、平面上のサラウンドから3Dの立体サラウンドが得られるように工夫されています。

例えば、5.1chの構成から更に天井に2つのスピーカーを追加することで5.1.2ch天井に4つのスピーカーを追加することで5.1.4chとなります。

Dolby Atmos技術によるもので、映画館でも臨場感を出すために導入されているシステムです。

立体的に迫力のある音を楽しめるのがメリットですが、その分スピーカーの数もかなり増えますので、導入費用や設置場所の工夫が必要になります。

おすすめのホームシアターは?

これから導入したい方や音響にこだわりたい人なら5.1chをおすすめします!

大きな理由は、7.1chでさえ活かしきれるシーンが少ないためです。

ドルビーアトモスに対応したVODは

  • Netflix
  • Amazonプライム・ビデオ
  • U-NEXT
  • ひかりTV
  • Disney+
  • Apple TV+

といくつかありますが、対応しているタイトルは少ないです。

Netflixはオリジナル作品が中心で、Amazonプライム・ビデオやU-NEXTも執筆時点では30タイトルありませんでした。

 

しかし5.1chまでなら対応している作品はかなり増えます。

全てではありませんが

  • U-NEXT
  • Netflix
  • Amazonプライムビデオ
  • ビデオマーケット

では5.1ch対応タイトルが用意されています。

注意点として、パソコンからだと5.1chが非対応の場合がありますので、ChromecastやAmazon Fire TV Stickなどを用意する必要があります。

 

DVDやブルーレイの映画で考えても、DVDは5.1ch対応作品があるものの多くて6.1chまでです。

ブルーレイの場合パッケージにドルビーアトモスの記載があれば7.1chまで楽しめそうですが、大半は5.1chとなっています。

 

5.1chのソースをAVアンプの力で7.1ch用に変換することができます。

それをアップミックスといい、強制的に7.1chで楽しむという方法もあります♪

まとめ

ホームシアターやスピーカーの世界はまさに”沼”

スピーカー1つでもこだわれば1本100万円を超えるものもあります。

導入にはコストが掛かってしまいますが、お家で本格的な映画がいつでも楽しめるなら最高ですね!

 

まずは5.1chのスピーカーやアンプを揃えて、後々7.1ch以上に増設させていくのも楽しいと思います。

最初から増設を視野に入れている場合は、7.1ch出力のアンプにとりあえず5.1ch分のスピーカーを繋ぐという方法もあります。

 

ホームシアターを組む際にはぜひ参考にしていただければとても嬉しいです。

最後までお読みいただきありがとうございました♪

ヘッドセットのおすすめはこれ|一万円以下でも高音質!

もくじ はじめにヘッドセットの解説ヘッドセットの接続端子7.1chオーディオを謳う製品について1万円で買えるおすすめヘッドセットONIKUMA | X2Bengoo | BX071-HS042Galo ...

続きを見る

monitor-headphone
定番の人気モニターヘッドホン6個!コスパ・普段使いはこの機種!

もくじ モニターヘッドホンリスニングヘッドホンとモニターヘッドホンの違いは?実は別の用途メリットとデメリットモニターヘッドホンの使いどころオススメのモニターヘッドホン6個SONY ( ソニー ) / ...

続きを見る

  • この記事を書いた人
皆見勇斗-MinamiHayato-

皆見勇斗-MinamiHayato-

音楽について”いいな”と思った機材や情報を発信するブログです! ぜひTwitterも併せてフォローよろしくお願いします!

-機材

© 2021 しあわせ音楽校