最近の投稿もぜひ!

DTM

DTM初心者なら無料版もあるCubase!オススメする5つの理由

更新日:

cubase-beginner

これからDTMを始めたい!

DTMができるようになると、音楽でできる世界が広がります。

 

作詞作曲から編曲まで一通りできるようになりますし、バージョンによっては

「新しいプラグインを入れて自分好みの音」を手に入れたり、

「ボーカロイドを導入してP(プロデューサー)」として活動することもできます。

とにかく、思い描いたものを思うがままに表現することができます。

 

DAW・・・DTMって何だ!

DTM初心者の皆さまの「いったい私は・・・どのDAWを使用した良いものか・・・」というご質問に対して、以前の記事で4つほどオススメさせていただきましたので、ぜひそちらも合わせてご覧くださいね!

上のリンクに無料バージョンのリンクがありますが、今回はこの中の「Cubase」!

僕が一番最初に手を出して、たくさんのことを勉強することができたDAWです。

初心者のかたにオススメできるポイントがたくさんありますので、ご紹介させていただきます。

「Cubase」5つのオススメポイント

何でもできる万能性

前回の記事でもご紹介しましたが、なんでもできるのでさまざまな機能を一通り学ぶことができます。

 

他のDAWを使うことになってもCubaseをしっかり使えていれば案外スムーズに使うことができるはずです。

そういう意味で、まずはこのDAWをで基礎(?)を学ぶと良いのではないかと思います。

でも一人で勉強していると壁にぶち当たることもありますよね・・・

 

そこで次のメリットがあります。

ユーザーが圧倒的に多い

これもとても助かる要素です。

 

ユーザーが多いということは、誰かしらが自分と同じような悩みを抱えていたり、過去に解決しているということです。

ネットを調べればほぼすべて悩んでいることが解決できるんじゃないかな?

それくらいあらゆる情報が出回っていることが助けになります。

 

調べた情報も、迷わずすぐに使いこなせる理由は?

使い勝手の良さ、操作性

これも1つの特徴ですね!

特にMIDI系の打ち込みやイベントの編集、こういう部分に慣れてしまうと他のDAWを使ったときに

「あれ?あの機能がない!!」

「Cubaseではキー1つでできて簡単だったなぁ・・・」

なんて思うこと・・・めちゃくちゃあります!笑

 

長年使っていたのでその操作が体に染みているということもありますが、それでもCubase独自の操作性というのはやはり優れているなと感じます。

もちろん他のDAWにあって、Cubaseにない便利機能もありますよ!汗

 

そして最近ではさらに展開して?

「Cubasis」 モバイル用も!?

主にIpadで使用するのですが、「Cubasis」というモバイル用のDAWも発売されました。

 

パソコンを用意するほどがっちりDTMするのではなくて「お手軽にタブレットで作曲したい!」

そのような方でも満足いただけるのではないかと思います。

 

タブレットの良さを生かしたタッチパネルでの操作というのも素晴らしいものです。

 

でもわざわざ買うの、面倒くさいな・・・

そこで最後のアピールポイントがあります!笑

導入の敷居の低さ

オーディオインターフェイスに付属していることもあるので、手を出しやすい。

オーディオインターフェイスは良い音でサウンドを聴いたり、いい音でレコーディングするための機材です。

(ざっくりですみません、今後の別記事で詳細を解説いたします。涙)

 

YAMAHAの初心者向けオーディオインターフェイスの代表でもあります「UR22 mkⅡ」を例に見てみましょう。

ur22mk2

画像はYAMAHA 商品ページより引用

オーディオインターフェイスを購入すると付属品が付いてきます。

この商品に付属するものは

  • TOOLS for UR22mkII CD-ROM
  • セットアップガイド (冊子、保証書付き)
  • USBケーブル
  • CUBASE AI DOWNLOAD INFORMATION (紙)

基本的にはドライバーのCDがありますので、最悪ネット回線なしでもスタートができます。笑

保証書と取扱説明書、パソコンや機器に繋ぐためのUSBケーブル、そして、

CubaseのAIエディションが付属します。

ものによってはElements(EL)というエディションが付属することもあります。

 

「AIとかElementsとかわけ分からないよ!」という方は以下の表をご覧ください!

Cubaseのエディション

Cubaseにはエディションがあって以下の表のような位置づけで存在しています。

Cubaseのエディション 定価 位置づけ
Cubase Pro ¥56,160 プロ仕様、すべて付いてくるフル装備
Cubase Artist ¥29,160 これだけでだいたいのことができる中級
Cubase Elements ¥12,960 これでも戦えるけど、痒いところは残る
Cubase AI 付属版のみ? これ以下は購入ではなくバンドルの形のみ
Cubase LE 付属版のみ? 体験版や些細な機能だけ使用できます。

 

LEに関しては正直あんまり弄ることはできないかもしれません。

しかしAIやElementsであれば、なかなか学べることは多いですよ!

 

実は僕も、確か一番最初はAIから入りました。

それからAI→Artist→Proというふうにクロスグレードしていきました。

 

(限定された機能)をいろいろ使いこんだ後にアップグレード。

(限定された機能+解放)+新しい機能

さらにアップグレードしてもっと機能や+αが増えるといった感じで、少しずつ理解が深まりました。

 

なので初心者さんが最初にAIやElementsを導入してみるというのは、僕としては大変オススメできる方法です。

まとめ

今回はDAW初心者のかたに最適なソフトとして「Cubase」をご紹介させていただきました。

たくさんオススメできるポイントがあり少々長くなってしまいましたが、少しでもその魅力がお伝えできればうれしいなと思います。

何かを始めて見ることに早い遅いはありません。

もし興味がおありなら少し触ってみると世界が変わるかもしれませんよ!

いつも読んでくださりありがとうございます。

頑張るあなたを応援しています。

  • この記事を書いた人
皆見勇斗-MinamiHayato-

皆見勇斗-MinamiHayato-

音楽について”いいな”と思った機材や情報を発信するブログです! ぜひTwitterも併せてフォローよろしくお願いします!

-DTM

Copyright© 皆見勇斗の幸せ音楽校 , 2019 All Rights Reserved.